< 茨城 常陸秋そば そば処 暁山 日立市 
お蕎麦を食べる前の一杯がたまらないねー!
ホーム
お品書き
アクセス
予定表
店内の様子
お客様の声
蕎麦の話
リンク集
鴨南せいろ蕎麦
鴨南せいろ
11月から4月まで


下の予約ボタンを押すと予約ページに移動します。
予約ページへ!
ご予約ボタンを押す前に
予定表を確認!
お品書きページへ!
お品書きへ

店内案内へ!
店の様子

付近図へ!
アクセス
そば前 蕎麦前 お酒の話
◆そばとお酒の関係◆
 美味しいそば前そばとお酒は切っても切れない関係と言われております。
 皆さんも経験がおありでしょうが、お酒をちょっといただいてからの蕎麦の味はまた格別ですね。。
 ぶらりときて気楽に入れるそば屋を好む方は風流人が多いようです。一人しんみりと酒を飲む姿はそば屋にはぴたりと合います。
 静かに軽く一杯やっている粋を好んだ江戸っ子の姿が目に浮か ぶ様です。
 昔から、そば屋の店主も酒好きと言ううわさもありますが本当のことでしょうか。
 上等の酒は灘の生一本といわれた時代、店主自ら選んでこの酒を出していたそうです。酒が好きだから、酒を自分で選ぶようになったと言われております。
 このようなことから、そば屋には、昔からよい酒を出すということが言い伝えられております。
   お酒をそば通は『そば前』と呼びます。なぜ、そば前なのでしょうか。
 そば好きの人はそばを食べる前に『ちょっと一杯』とお酒を戴いてからそばを食べることからきております。
 それから、汁にそばをちょっと付けて、ズ、ズ、ズ-と手繰り(そばを食べることを-タグル-と言う)込みます。
そばと酒との関係はこのような背景があり、深まっていったのでしょうか。
 (参考文献 蕎麦の薀蓄 太野祺郎著)

◆お酒の種類と特徴◆
 日本酒は、その製法の違いで、本醸造酒、純米酒、純米吟醸酒、大吟醸酒など に分けることも出来ますし、飲んだとき、五感が感じとる香りや味わい・・薫酒、爽酒、醇酒、熟酒・・のようにも分けることが出
来ます。
 本醸造酒だから端麗とか、純米酒だから濃醇という単純なものではありません。酒蔵が作り出す銘柄によっても大きく変わります。
 当店でお客様にお出しするお酒の種類と特徴を少し説明しておきます。
 お酒の好みは人によっていろいろあります。一概には言い切れませんが、そば前には切れのある綺麗な癖のない爽酒のような純米酒が合うようです。


*本醸造酒 
   精米歩合70%以下に磨いた米と麹から作られた原酒に醸造用アルコールを加えて作られます。 本醸造酒に使用できる醸造アルコール量は、白米の重量の10%以下に制限されております。純米主などに比べて後味は短く、キレがよいのが特徴です。

*純米酒 
 精米して磨いた米と麹だけで作られるお酒です。ふくよかなお米の香りとコクのある味わいは格別で、このお酒の好む方も多いようです。

*吟醸酒 
 酒精米歩合60%以下に磨いた米と吟醸酒用の特別な酵母を使って作られた原酒に醸造用アルコールを加えて作られます。特徴ある香りと爽やかな味わいが特徴で、冷やで飲むのをお勧めいたします。

  *純米吟醸 
 純米酒と吟醸酒の特徴を兼ね備えたお酒です。華やかな香りがあるものも穏やかで味のあるものと多種多様です。

◆お酒の特徴を表す表示◆
 お酒の特徴を表示しているラベルに次のように書かれていたとします。(例は静岡の酒 国香)
特別 純米酒
日本酒度 +7.0
酸度 1.3
使用酵母 静岡HD-1
原料米 好適米 五百万石100%
精米歩合 55%
 日本酒度はプラスの数字が高いほど辛口です。+7ですので辛口の酒ということになります。次に酸度、これも数字が高いほど酸味があり、舌には辛く感じられます。
 同じ酒度の酒でも、酸度が違うと辛く感じたり、 旨味が強く感じたりと違うものです。また、飲むときの温度によっても日本酒の印象は変わります。温度が低いと端麗に感じられますし、いわゆる人肌の燗(40度前後)にすると甘みが強くなります。
 さらに、使用酵母や原料米によっても、香りと味に変化が出ます。私はあまり強くない香りで爽やかな膨らみある純米酒が好きです。
 何がそば前に合うかは自分で判断してみてください。

◆店主が飲んだ酒◆
気に入っている酒を徒然に紹介していこうと思う。
 
花垣 膳膳 純米
 利き猪口に注いで色を見るとうっすらとした琥珀色。上立ち香は強くないが、少し木樽のような香りがした。
 冷で飲んだのだが、口に含むと、純米酒らしいふっくらとした米の旨味が伝わり、舌の上で転がすと旨みと酸味も感じられる。飲み飽きしない美味しい酒でした。
これから涼しくなる季節、ぬる燗で飲むと美味しいと感じさせる酒である。
 花垣 純米は使用原料米:五百万石、精米歩合:60%、使用酵母:? 日本酒度+3 酸度1.6 アミノ酸度1.6で作られている。
 なお、花垣の超辛口もお勧めの酒である。

 ☆黒牛 純米酒 和歌山県名手酒造
  上立ち香はあまり感じないが、口に含むと落ちついた香り。
蕎麦前としては、好ましい酒と思う。  辛さは感じなく、純米酒特有の円やかな味わいが口にひろがります。  原材料:米・米麹 原料米:山田錦・五百万石 精米歩合:麹米:50% 掛米:60% アルコール度数:15度  日本酒度:+0.5 酸度:1.6 タイプ やや辛口

 ☆奥播磨 山廃純米酒 兵庫県下村酒造店

 この山廃純米は奥播磨のベースとなる位置づけの酒と言われております。
 山廃作りといっても山吹極のような強烈さは感じません。色もほんの少し黄色見かかっております。  口に含むとお米の香りと旨味を感じます。燗しますと酸味が非常にまろやかになり、ふくらみが出てきます。  日本酒度 +7 酸 度 2.0 原料米 夢錦 精米歩合 55% 酵 母 蔵内酵母 アルコール度 17.5度  タイプ 濃醇辛口

 ☆あずまみね 純米
 蔵元の紹介文に「南部流酒づくりの本流を受け継ぎ、岩手らしい酒作りを目指す」とあったので、思わず買ってしまった。
 利き酒用の猪口に注ぐと色は薄い琥珀色に染まっている。「あずまみね 純米」を口に中で転がす。口に含むと生もと系独特芳醇なナッツのような香りがする。
熟成感があり、 ふくらみもあり、バランスの良い美味しい酒に仕上がっているのである 。
 岩手産 美山錦100% 精米歩合55% アルコール分16%以上17%以下
 さて、蕎麦との相性であるが、熟成された玄蕎麦の挽きぐるみ全粒粉の透明感のある中に、星が飛ぶもちっとした蕎麦にはぴったりの酒である。
 
真澄 純米吟醸 生一本
 協会7号酵母発祥蔵として有名な蔵である。 諏訪大社の「真澄の鏡」を酒名にしたそうだ。
 長野の酒ははじめて飲む。最初は、常温で飲んだが、吟醸の香りも穏やかで、すっきりとした美味しい酒である。色は透明に近い。 純米吟醸酒を燗ではもったいないと思う人がいるかもしれないが、人肌にして飲むと米の香りがすっと立ち、旨味のある酒になる。
 原料米は美山錦、ひとごこち 精米歩合55% 日本酒度+5 アルコール分16%以下 。

 こちらはやや早取りした丸抜きを石臼で挽いたややグリーン系の香りあるすっきりとした蕎麦に合うであろう。


☆七本槍 純米酒 極寒作り
 最近は、酒屋やスーパーで酒を買わなくなった。ネットで検索すると気に入った酒が容易に見つかるからである。七本槍 純米酒  注文もネットで済ませ、買い置きしている。気に入っている酒が、何種類かある。今日飲んだ酒もその一つである。
 滋賀県の「七本槍 純米酒 極寒作り」 好適米は玉栄 酵母は金沢14号 この酒は冷より、燗がベスト。
今流行りの香りのある薫酒のような酒よりは、醇酒や熟酒を私は好む。この酒も、熟成タイプの酒である。
 色がまたいい。薄いゴールドに輝く。香りは穏やかであるが、デリシャスリンゴ系のふくみ香が心地よく、燗するとコクは更に味わい深く、キレも抜群!
 マグロの煮物をお供に一杯やっていたが、もう一本と酒が進んだ

☆君盃 天領の瀧
 偶然に通りかかった造り酒屋の前で、従兄弟が車を止めた。茨城ではあまり知られていない「君盃 純米酒」が手に入った。
君盃 純米酒  米の吟醸香が穏やかに香る。珍しく自己主張をしない酒を飲んだような気がした。
 冷で飲んでみた。含み香もフルーティでやさしく鼻に抜ける。すーっと喉の奥に消えていく。
 舌に絡まず、すっきりとしたほのかなほのかな酸味が舌に伝わる。
 蕎麦前として、これは素晴らしいとおもう。
Copyright 2005 手打そば処 暁山 All Rights Reserved